注文住宅の工事中も見学に行く

現場に依頼主が足を運べば業者も手抜きをしない

注文住宅は工事が始まったらすべて業者に任せっぱなしにするのはよくありません。きちんと現場に、依頼者も見学に行きましょう。ときどき家の主が姿を見せることで、現場のスタッフは気を引き締めます。中には手抜き工事をする業者もあり、依頼者が見に来なければ余計にいい加減になってしまうのです。自分の家が建つのですから、家の主もその目でどんな家になっていくのかを見ることが大切です。一生懸命働いているスタッフの姿を見れば、頑張って作業してくれているなと安心感も生まれます。時折「お疲れ様」と差し入れを持って行ってあげれば、スタッフもよりいっそう頑張ってくれることでしょう。気になることをスタッフに直接聞けるメリットもあります。

大工さんとコミュニケーションを取ることで希望を伝えやすい

作業現場に足を運ぶと、当然のことですが大工さんとコミュニケーションを取る機会が生まれます。家を建てるにあたって、依頼者もいろいろと気になることがあるでしょう。自身の希望もありますし、現場を見て「もう少しこんなふうにして欲しい」と感じることも出てくるかもしれません。いずれにせよ、直接大工さんと話すことは良い家を建てるために重要です。営業マンを通してよりもダイレクトに現場の人と話すほうが、イメージも的確に伝わります。コミュニケーションを取ればお互いに確認を取りながら作業を進めていくことができます。それにより誤解や通達ミスなども減って、希望通りの素敵な注文住宅が完成することでしょう。理想の家を実現するためには、大工さんとの打ち合わせは欠かせません。