狭い土地を有効活用したお洒落な注文住宅

屋上を庭のように使える

小さな土地に自宅を建築することになり、庭を作れるほどスペースに余裕がないので開放感のない住宅になりそうだと悩んでしまう人もいます。庭が作れないのなら屋上を庭の代わりとして使うことで、おしゃれで快適に過ごせる注文住宅を建築してください。屋上に人工芝を敷くだけでも庭のように緑が広がる空間を作れて、お子さんやペットと一緒に楽しい時間を屋上で過ごせます。水道管やガス管などを屋上に繋げることでバーベキューを楽しめたりと、屋上のある注文住宅は購入者からも好評です。夏には大きなビニールプールを屋上に設置して、家族と一緒にプールで泳ぐことで最高の思い出を残せます。屋上付きの注文住宅を作る際には、天井に日光が直接当たることを考えて断熱性の高いセラミックボードを敷くのがおすすめです。

窓の存在感が大きな設計

おしゃれさを演出した狭小住宅を建築したい時には、窓の設計にこだわりを持ってください。横幅が狭いので壁一面が窓になっている設計にしても、コストが安く済むのが狭小住宅の利点です。2階や3階の壁一面を窓にすることで景色を眺めながら食事を楽しめて、夜には星空を眺めておしゃれな気分になれます。景色と住宅デザインが一体化しているように感じられて、狭小住宅であっても狭くて暗いと感じません。採光性で優れているので昼間は照明をつけなくても、室内全体が明るく感じられるのも壁一面を窓にする利点です。カーテンなどで外からの視線を遮るのも簡単で、壁一面を窓にしたからといって周囲の視線が気になってストレスが溜まることもありません。