欠陥住宅が生まれる原因を知っておこう

建築士が不適切な設計を行う

地震や台風などの災害に弱い注文住宅ができてしまうのは、建築士がよく考えずに設計を行うのも原因の一つです。地盤が弱い土地なのに耐震設計をよく考えずに決めてしまい、小さな揺れでもダメージを受けてしまう欠陥住宅ができることも珍しくありません。建築士が現場をよく確かめてから設計を行えば、地盤の問題点なども分かるので欠陥住宅にならないように対処できます。これから注文住宅を建築しようと考えている方々は、建築士の評判をチェックするのも欠陥住宅ができるのを防ぐコツだと考えてください。注文住宅が完成するまでの間に、地盤の調査などの工程が含まれているか調べることが重要で、二重や三重のチェック体制がある企業なら信用できます。

職人の技術力も影響する

住宅を建築する職人の技術力が不足していると、柱などの基礎部分が上手く固定できずに住宅が傾いて、地震にも弱い欠陥住宅ができてしまいます。技術力や経験が十分にある職人が施工を担当する企業なのか、事前に調べてから施工を依頼することが重要です。職人の技術力が足りないのではなく、悪質な手抜き工事が原因で住宅に欠陥が生じる場合もあります。管理能力がある人間が監督しているのか調べることで、悪質な手抜き工事が行われないように対処してください。工事現場を監督する能力がある人間がいるだけで、人的ミスが発生したとしても早期に工事をやり直せます。利益を優先して安い建築資材だけを使おうとする企業も、欠陥住宅を作ってしまう確率が高いので気をつけてください。