ペットと楽しく暮らせるアイデアがいっぱいの注文住宅

飼い主の快適性を重視した住宅デザイン

ペットと快適に暮らすために注文住宅の構造を変えたいのなら、飼育しているペットの種類に合う設備を用意してください。犬を飼育しているのなら散歩の負担を減らすために、玄関先に足洗い場を設置するのもおすすめです。散歩から帰ってきた時に犬の足が汚れたままだと、床が汚れてしまうので犬の足を洗う必要があります。玄関先に足洗い場があれば浴室などに犬を連れて行かずに、その場で汚れを落とせて便利です。猫を飼育している家庭が注文住宅を建築する際には、猫が壁で爪を研いで傷が残らないように腰板を取り付けてください。取り外しができる腰板なら大きな傷が壁に残り続けることもなく、ペットのせい室内が傷だらけになったと感じることもありません。

ドッグランの作り方を工夫する

室内でペットが退屈そうにしている状態を改善したい家庭が、注文住宅を建築する際にはドッグランを用意してください。庭が広くないのでドッグランが狭く感じないか心配な時には、ペットが走り回れるコースを作るのもおすすめです。カーブやストレートのあるコースを庭に用意することで、ペットがドッグランを走り回りながら楽しい時間を過ごせます。ペットと遊ぶための遊具をドッグランに用意するのもおすすめで、小さなトンネルがあるだけでもペットが喜びながら遊んでくれるはずです。動物だけでなく人間も楽しみながら暮らせるように、ドッグランの近くにガーデニング用のスペースも用意してください。ペットが植木鉢などを倒さないように、柵を使ってドッグランとガーデニング用のスペースを区切るのが理想的です。